地元産のじゅんさいの最後をいただきました!     日本料理 喜多丘 その1

こんにちは。

広島市内の観光地や、宮島の観光情報、広島県内の観光地を
ご紹介しております広島のビジネスホテル、パークサイドホテル広島平和公園前の若旦那です。

お昼くらいに少しパラパラっと雨がふったのですが、あっという間に晴れてきてものすごくいい天気になっています。こうなってくるとアイスが食べたくなります。最近はまっているのがローソンさんのさくらんぼのアイス!こっそり一日2本たべたりしています。笑

さて、いつもの日本料理喜多丘さんです。緊急事態宣言が発出される前に伺いました。お店に訪れると先生はいつものようにお元気そう!こちらも元気をいただきます。

瓶ビールをいただきまして、最初にいただくのは夏野菜!みょうが、アスパラガス、パプリカなどをわらびをつかったとろろをお酢のゼリーであわせてありました。これからの季節にぴったりの一品でした!美味しい~!わらびを使ったとろろゼリーって初めていただきましたが、美味しい~!
いつうかがっても食べたことがないお料理を味わうことができるのが楽しいです!

続いて柏とちまきが登場しました!気持ちがいい香りがします!

かしわの中には穴子のお寿司が、そしてちまきには鯛のお寿司が包まれていました!

どちらもこれまたとっても美味しいです!

日本酒を合わせていただきましたが、今回は特別なお酒をいただきました。

非売品なので次いつ飲めるかわからない特別なお酒。香りも高く、とっても美味しいです~!こんな貴重なお酒に負けず劣らずのお料理がここから続々と登場しました!

続いてお椀が登場しました!

ふたをあけてみると、お出汁のいい香りがします!よ~くみてみると、おおお!じゅんさいですね!
「広島県は熊野のじゅんさいです。日本一と言われているじゅんさいです。もうそろそろ終わりですね。」
そろそろ終わりを迎える地元広島のじゅんさいをいただけるとは!いただいてみると、美味しい~!最高です!
一緒に鱧とよもぎどうふもいただきます。鱧も素晴らしい~!よもぎどうふもなかなかお目にかかれない一品ですね!主役ではないかもしれませんが、私にとっては主役くらいの美味でした!

喜多丘さんは美味しいお料理をいただけるだけではなく、季節季節の食材、調理法などいろんなお話が伺えます。楽園のような場所です!

その2へ続く。

日本料理 喜多丘
広島市東区牛田本町3-2-20
082-227-6166

前回の日本料理喜多丘さんの記事はこちら⇒このごはんをぜひ味わって欲しい!喜多丘 その3

投稿者:若旦那 2021/06/23