カラスミ食べてつながるってすごくないですか?      日本料理喜多丘 その1

こんにちは。

広島市内の観光地や、宮島の観光情報、広島県内の観光地を
ご紹介しております広島のビジネスホテル、パークサイドホテル広島平和公園前の若旦那です。

10月22日の今日の広島は朝からとってもいい天気です。無事即位礼正殿の儀も終わったようですね~。今年はいろいろな災害が発生しましたが、このおめでたい日を迎えるにあたり年末に向けていいことが続くことでしょう!

さて、先日先輩にお誘いいただきまして久しぶりにこちらのお店に訪れてきました。日本料理喜多丘さんです。この日もカウンターを予約してくださっていました!先生といろいろお話しながらいただけるという特等席ですね!

まずは談笑しながらの先付をいただきます。ズワイガニと食用菊、菊菜と天然マイタケのとんぶり和えです!お酢のジュレが口の中をさわやかにしてくれます!ズワイガニもたっぷり入っていました!とってもおいしい~!もう最高です!この時点ですでに感動の渦に巻き込まれております!

続いては黄色いごはん?いえいえ、これが喜多丘さんの代名詞の一つでもあるカラスミとごはんでした!和歌山の方が手作りされているカラスミ!信じられないくらい美味しいんです!もう最高です!
どのくらいすごいカラスミかといいますと、このカラスミを日ごろ大阪で食べていらっしゃるあるお偉い方がたまたま喜多丘さんにお越しになられてこのカラスミを食べられて、
「このカラスミはどこのものですか?」
と問われたそうです。和歌山のとある方から入れていますと答えると、まさか広島でいただけるとはとすごく感動されたそうです!
その方は最初は信じられないと思われたそうで、その場で先生が和歌山に電話されて本当にちゃんと仕入れていますよと証明されたそうですよ~。まさかのつながりですよね!ピンポイントでつながるほど美味しいんです!

後でこの貴重なカラスミをもう一枚切っていただきました。明かりですかしてみるとこれぞ和歌山のその方のカラスミとわかるそうです。すごいですね~!
ちなみにここ最近の台風の影響でボラがなかなかとることができなくなっているそうで、今年はなかなか手に入らないかもとおっしゃっておられました。ということで存分に味合わせていただきました!

広島にお越しになられたらぜひ喜多丘さんへ!その2へつづく

日本料理喜多丘
広島市東区牛田本町3-2-20
082-227-6166

投稿者:若旦那 2019/10/22