毎回違った感動が待っています!       日本酒バル Katoya

こんにちは。

広島市内の観光地や、宮島の観光情報、広島県内の観光地を
ご紹介しております広島のビジネスホテル、パークサイドホテル広島平和公園前の若旦那です。

ここ最近自動車事故の報道が立て続けにされています。しかも相当痛ましいものばかりです。自動運転になれば事故が完全になくなるのかわかりませんが、早く自動運転の時代が来てほしいですね。売り上げ30兆円突破のトヨタさんになんとかして欲しいです。

さて、毎回何かしら違った感動をいただけるお店日本酒バル Katoyaさんに伺ってきました。広島でここでしか飲めないお酒や全く初対面のお酒など日本酒との新しい出会いや発見をさせてくださるお店です。

この日もショーケースには見たことがないお酒がずらりと並んでいました。その前に気になったビールをいただきます。その名もkoti。こちと読むそうです。岡山で作られている自然派ビールなんだそうです。初めていただきました!香りも素晴らしくとってもおいしいですね~!日本酒だけでなくビールでも感動をいただきます。

お通しのポテトサラダをいただきながら、日本酒をどれにしようかなと。

珍しいものをお願いすると
「日本の最年少蔵元が作られたお酒はどうですか?24歳で蔵元になったそうです。」
それはすごいストーリーですね!いただきます!お酒の名前はうたしろ。

かっこいいラベルですね~!いただいてみます!すっきりと、そしてフルーティーな甘さが特徴のお酒でした!おいしいですね~!最年少の蔵元を応援したいですね~!

続いてKatoyaさんには珍しい広島のお酒が!賀茂金秀の光というお酒でした。なんと42本しか作られていない限定酒なんだそうです!すご~い!香りが賀茂金秀さんらしいですね~!いただくととってもおいしい~!素晴らしい~!

ここで広島はKatoyaさんでしか飲めないであろう射美の令和限定酒が登場しました~!少しにごりになっていますね~!上品な甘さが素晴らしい~!お酒だけで楽しめました!

射美さんの裏のラベルにはいつも楽しい独り言が書かれています。ほっこりしますね~!

最後は夢心というこれまたみたことがない日本酒をいただきました~!おおおお!こちらもおいしい~!これほどまでに飲んだことがない日本酒を取り揃えていらっしゃるお店は広島にはほぼないかもしれません。

日本酒好きな方はぜひ広島にお越しの際、Katoyaさんへ!おすすめです!

Katoya
広島市中区堀川町2-10
082-240-2017

投稿者:若旦那 2019/05/09