来年まで楽しみで仕方がないです!        中国醸造

こんにちは。

広島市内の観光地や、宮島の観光情報、広島県内の観光地を
ご紹介しております広島のビジネスホテル、パークサイドホテル広島平和公園前の若旦那です。

コロナ禍の中で楽しみが変化してきていますね。家族内ですごす時間が増えてきています。なのでキャンプやボードゲームなどの需要が高まってきているんでしょうね!
私はキャンプをする習慣がないので、手作り料理を始めようかなと思っています。料理教室通っちゃおうかな?

さて、少し前の話になりますが広島県は廿日市市にあります中国醸造さんに伺ってきました!
ご一緒に伺ったのが日本料理の喜多丘さんの先生と副料理長!何をしに伺ったのかと言いますと、来年発売される中国醸造さんのウィスキーの工場見学のためでした!

中国醸造の社長さんが自ら案内をしてくださいました。喜多丘の大将と社長さんが並んでいるとなんだか緊張しちゃいます。

蒸留所に入ってみると何やらレーズンのような香りが!ちょうどウィスキーを蒸留しているところでした。私は何度か訪れているのですが、ジンを蒸留しているときばかりでウィスキーは初めてでした!こんな香りがするんだ~!と一同びっくり!

原材料の説明もしてもらいました!ジンの原材料のジュニパーベリーが広島県内にまさかの群生していた話などは盛り上がりました。

蒸留ののち樽詰め、熟成していくわけですがそれらの工程については写真撮影はできませんでした。が、以前伺ったときよりも製造がすすんでいるようで樽もかなり増えているように感じました。

樽は基本的にはバーボン樽を使います。バーボンは法律で1度使った樽は使えないんだそうで、その樽を輸入してウィスキーの貯蔵用の樽として使うんだそうです。
中にはミズナラの樽やシェリー酒の樽などいろいろな樽がありました。ということでいろいろなカスクのウィスキーが発売されちゃうのかな~!楽しみです!

そして来年2021年に広島発のシングルモルトウィスキーが中国醸造さんから発売されます!スコッチウィスキーは3年以上寝かさないと販売を認められないことから、海外で販売するためには最低でも3年貯蔵熟成しないといけないんだそうです。
その3年経過が来年です!

来年まで楽しみで仕方ないですね~!中国醸造さんのジンが世界の賞を席巻したように広島初で発のウィスキーが世界を席巻する日は近いですよ!

中国醸造

投稿者:若旦那 2020/12/13