ヒラスズキに生バチコでどうですか?      日本料理 尾前 その2

こんにちは。

広島市内の観光地や、宮島の観光情報、広島県内の観光地を
ご紹介しております広島のビジネスホテル、パークサイドホテル広島平和公園前の若旦那です。

私はどちらかというと世のトレンドについていけていない方の人間だとおもっていましたが、子供のおかげで遅れながらもいろんなことを知ることができるようになりました。今はやっている歌とかゲームとかお笑いとか。パークサイドホテル広島も若い社員ばかりなのでそういう面でも助かっています!

さて、先ほどのヒラスズキのお刺身をいただいた後に登場したのが椀物。蓋をあけてみると、美味しいそうな色合いが!なんと湯葉とすっぽんの玉じめ!そして中にはもち湯葉が入っています。一口いただくと、もう抜群の美味しさ!美味しすぎて感動を通り越して言葉が出てきませんでした。最高!

ヒラスズキの身が登場したのでどうするのかな~と楽しみにしていると、焼きで登場しました!

ヒラスズキの脂焼きがわさびの葉にのって!おいしそうなヒラスズキですね~!私は常々思うのですが、お魚とお肉の大きな違いってやっぱり皮だと思います。お魚は皮があるから美味しいんですよね~!パリッと焼きあげた皮と身を一緒にいただくと、ヒラスズキの脂がジュワッとしみでてきます。最高です!

続いてヒラスズキをもう一品いただきます。こちらは酒蒸ししてポン酢でいただきます。こちらもとっても美味しい~!少し脂ののりが少ない部分を酒蒸しにしてもらいました。なんて美味しいんでしょうか!ヒラスズキもっと釣れる魚だといいな~!

そこにいつもの生バチコが登場しました!
「もう今シーズンは最後かもしれません。最後に大きな一枚を用意しました!」
本当に大きい生バチコ!

目の前で炙ってくれました!少しずつ割いていただきます。お酒にばっちりあいますね~!

「琵琶湖の氷魚があるのでかき揚げにしてみました!」
氷魚とは鮎の稚魚のことですね~!新生姜と空豆と山ウドと一緒に揚げてくれました!こちらもめっちゃめちゃ美味しいです!

これでもかというほどヒラスズキデーなので、潮汁にしてもらいました!お魚からいいお出汁がでていました!

白ご飯をいただいて、生バチコをたっぷりのせてバチコ丼!お目にかかることがなかなかないレアな一品!最高!

ちらっと穴子があると伺ったので、ミニ穴子丼。笑

最後はいちごで!

日本料理 尾前
広島市中区薬研堀4-19
082-247-4778

前回の日本料理尾前さんの記事はこちら⇒ヒラスズキさんが釣れたということで!日本料理 尾前 その1

投稿者:若旦那 2021/04/04