アワビをアボカドとラフランスで!     懐石わたなべ その2

こんにちは。

広島市内の観光地や、宮島の観光情報、広島県内の観光地を
ご紹介しております広島のビジネスホテル、パークサイドホテル広島平和公園前の若旦那です。

2月5日の今日の広島も日差しをしっかりと浴びることができるいい天気でした。全国的には今夜から今年最大の寒気がやってきて山陰地方では雪が降ると予報されています。広島市内には降雪はないと思われますがひょっとしたらと期待しております。

さて、昨日ご紹介いたしました懐石わたなべさんの続きです。続いて登場したのがお椀でした。ふたをあけると お椀の裏に水蒸気がびっしりとついていてそれがとっても美しい!
「水蒸気が細かくつくとより一層美しく映えるように描かれたお椀なんです。」
すごすぎる~!

中には何かのしんじょが。
「ワタリガニのしんじょです。子が中にはいっていて、カニ味噌を練りこんであります。」
スプーンで切り分けるといきなり雪が降ったかのようにお椀の中が神秘的な白く美しいお吸い物に!これも計算されてのことのようです!すごい!もちろんとっても美味しい~!中の子もたっぷり入っていました!最高!

お造りは天然鯛、すくもえび、夜泣き貝、剣先イカ、アジでした。アジの大きさにびっくりしていると
「私もこのアジを見てびっくりしました!広島県は呉で獲れたアジです。」
お醤油のほかに、ポン酢と鯛の肝を和えた肝ポン酢もありました。まずは鯛からいただくとこれが超絶美味しい~!本当に素晴らしいおいしさです!アジもとっても美味しい~!最高のお造りを味わえました!

続いて節分ということもあり恵方巻が!ちゃんと向いていただきました!笑。
いなり寿司はなんともち米を使ってありました!もち米だとこんなに美味しんだ~と感心しちゃいました!

もうひとつ器の中は烏骨鶏の卵とフグの白子の茶わん蒸しでした!もう抜群の美味しさ!白子もたっぷり入っていてトロっトロ!ため息がでるほど美味しかったです!

続いて登場したお料理を見て最初なんだかわからなかったです。笑
殻の形からあわびかな~とは思ったのですが、、
「アワビとアボカドとラフランスをアワビの肝であわせました。」
この黒い部分がアワビの肝ですね~!たっぷり使ってくださっています!まずはアワビだけでいただくとドンピシャの食感!さすがです。
アボカドと一緒にいただいても美味しい!

ラフランスはまさかでしたが、甘味と相まってさらに美味しく感じました!素晴らしい合わせ技一本です!

その3へ続く

懐石わたなべ
広島市中区土橋町6-14
082-503-7228

投稿者:若旦那 2020/02/05