日本のマットレスのパイオニアメーカー「日本ベッド」製のマットレスを採用

大正15年(1926年)に日本初のベッド製造会社として誕生した日本ベッドは、今年で創業90年を迎える老舗のベッドメーカー。仕事の中で「ホテルサービスの原点 ―― 人が心地よく過ごせるように心をつくすこと」を体験した一人のホテルマンがイギリスに渡り、洋風のライフスタイルを目の当たりにし、帰国後、日本人の睡眠環境に合わせたベッド&マットレスという寝具スタイルを研究しはじめたことがきっかけだったそうです。
日本ベッドの歴史は”寝心地へのこだわりの歴史”といっても過言ではありません。健康的で、身体に優しく、心地よい眠り。何よりもクオリティを大切にする製品づくり。ひとりでも多くの方に質の高い眠りを届けることをテーマにものづくりをしてきた「日本ベッド」製のマットレスで、今までの眠りを変えるような、心地よい寝心地を是非体感してみませんか。

一流ホテルで数多く採用されている「シルキーポケットマットレス」

「シルキーポケットマットレス」は、シングルサイズで1200個ものポケットコイルを使用した超高密度構造のマットレスです。これは、従来型のポケットコイルマットレスに入っているポケットコイルの数の約2倍に相当します。また、1.3mmの線径のコイルスプリングを採用し、高密度に配列することで、身体のラインにきめ細かくフィットし、上質な寝心地をご体感いただけます。
この「シルキーポケットマットレス」は、日本各地の一流ホテルをはじめ、世界各国から日本を訪れるセレブリティを迎える迎賓館や宮内庁施設でも長年に渡り、愛用されているマットレスです。


当ホテルでは、「シルキーポケットマットレス」を広島県内で初導入・全室採用しております。シングルルームのマットレスには1520個、ダブルルームのマットレスには1760個ものポケットコイルが入っている超高密度ポケットコイルマットレスで、今までにない上質な寝心地をお届けします。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • Googleインドアビュー
  • スタッフ紹介
  • おしい!広島県
  • 若旦那の広島びいき
  • ヒロシマップ
  • お好み焼き
  • 居酒屋Dining海月 大手町店
  • ECOへの取組み